西荻窪で開催中の「kimono gallery 晏」さんの春夏展に行ってきた!

着物展示会

ポーランドと着物愛伝道師のポラ子です。

今日は楽しみにしている「kimono gallery 晏」さんの春夏展のために、西荻窪のギャラリーGARANに来ています。

春のおしゃれきもの展in東京
とき:2019年4月12日(金)~14日(日)
   11:00~19:00(最終日のみ16時まで)
ところ: 東京都杉並区西荻南3-6-14

ギャラリーがらん西荻

今回の目的は布を持ち込み、帯に仕立ててもらうことです。
どの柄を出すか相談し、無事にお願いできました。

その後は物色〜。

それがですねー、可愛い物がありすぎて、テンション上がりっぱなしな訳です。

店内の様子。

↑この画像の中に、欲しいものが! 仮に脇によけておいて貰いました。

こちらの帯もとってもお手頃な値段で脇に避けてもらいました。

手持ちの物のコーデを広げるならコレかな〜、とインスタの自撮りの画像を見ながら相談しました。悩んで買うパターンを考えました。

A案なら、この帯とこの帯(ともに名古屋。ですが2本買えそうなお値段です!)。

B案なら、手持ちのコーデを広げるために半巾帯に帯締め。

と候補をしぼりました。

ところが着物友達が到着し、話しながら掘り起こしつつ見ていると、また可愛い子ちゃんを発掘。

また振り出しか?と思いつつ

C案の、綿麻着物と帯が急浮上〜(笑)。

可愛い物や逸品に囲まれ、算数が苦手な中、あれこれ頭を悩まし買うものを決定!

決めた後は糖分が欲しくなります。お茶をいただきましたー。

今日のコーデ。着物も帯も晏さんで買ったもの。

今日は手先を長く取りすぎ、お太鼓が小さくなり、お尻丸出しになってしまいましたー。あと5cm下だったな〜。ま、レース羽織を着てたので、お尻丸出しで歩かずには済みました。

そんな自分的に気になる失敗はありつつも、今日は発見がありました。

着物の縞の紫色と、一脇さんの木草履の前壺の色がリンクしてました。

これは気持ちいい〜。やるじゃん!! ポラ子〜。

あれとこれを合わせようと意識して買うこともありますが、好きで、ピンときた物を買うと、こうやって上手くいく事もあります。

好きな物は繋がるのです〜。これが楽しいのです。

 

今日はお友達も素敵なコーデだったので、紹介します。

着物:型絵染めの遠藤あけみ先生作。
帯:東京友禅の大野深雪先生作。

もう最高に素敵!!

なんと帯の余った布で草履まで作られています。
オーダーしたのは草履屋ちぐささん。

いきなりこのようなコーデや、作家物は難しいかもしれませんね。長いスパンでいい物を見て、自分の好みと似合うものが分かってきて出来ることです。

着始めたばかりの方はあせらず、ゆっくりワードローブを広げていきましょうね。

お買い物をしたので、夏を楽しみに、また明日から一生懸命働きます。
自分に鞭を入れないと!!

秋冬展はご挨拶だけにします。もう買えませ〜ん。
と言いながら、どうなることやら。

また秋冬展もレポートしますのでお楽しみに。

 

 

コメント