ポーランド映画祭 〜2回目〜

ポーランド映画

ポーランド愛伝道師のポラ子です。

今日もせっせとポーランド映画祭通いです。ポーランドの名画や新作に触れられる年に一度のチャンスですから。そこは駆けつけないと。

今日は「顔」と「メモリーズ・オブ・サマー」を鑑賞。

注:以下、ネタバレも含まれます。これから見る方はご注意を。

まず1本目の「顔」

「顔」はテーマに惹かれました。それはアイデンティティとか、とは? という重いものだと思うのですが、主人公の元々のキャラクターなのか、描き方なのか、映画全体が俯瞰して見ている感じがし、風刺も効いていて不思議と重く感じませんでした。

冒頭のシーン(これは描き方)といい、悪魔払いのシーン(これは主人公のキャラ)といい、ラストといい、そう感じました。

それ以外では、ポーランドのことがいろいろ分かる映画でした。

  • ブラックメタル(多分)が使われている事。
    主人公が帰宅する時はおとなしめの曲になってました。全然詳しくないのですがBEHEMOTHというバンドがポーランドでは有名らしいです。メタルといってもデスメタルとか、いろいろジャンルがあるから、違ってたらごめんなさいね。
  • クリスマスのオプワテック(Opłatek)を割って食べるシーンがある。
    オプワテックは白いウエハースのような物で、お互いの幸せを祈りながら割って食べるようです。聞いたことはあるけど、これは見られて嬉しかった。
  • ポーランドの世界一高いキリスト像が出てくる
    リオデジャネイロよりも高いんですよ。知ってましたが、まさか映画に出てくるとは!

 

2本目の「メモリーズ・オブ・サマー」

とても丁寧に描かれていました。ポラ子はとっても好き。重いテーマのはずの1本目より、こちらのほうが胸がしめつけられるようでした。

ピョトレック君の眼差しの演技がとにかく素晴らしいです。

ママ大好きという目。疑心暗鬼の目。落胆する目。

最後の決別とでもいうような視線。とにかく素晴らしかった。

ある日、出かけようとするママの白いドレス(ワンピース)にジュースをこぼしてしまうんですね。

これが葡萄ジュースなのか、ベリー系のジュースなのかはわかりませんが、とても寓意的に描かれています。

大好きだったママ(少年から見た清く美しいママ)がそうではないと映像的には伝えているかのようです。あれがオレンジジュースではダメなんですね。

また繰り返し映し出される小麦畑(?)の美しさ!

ピョトレック君がママとする遊びを、近所(?)のマイカともするんですが、このリフレインされる映像も良かった。

これは彼が大事な人とすることなんだ、とこちらに認識させるとともに、良くも悪くも刺激がない田舎ということも伝わってきます。

意外なドンデン返しもありましたね。


冒頭というか、ラストというべきか、一度この少年は死ぬのだと思います。ママを大好きだった自分から、大人になるための通過儀礼的に。大人を信じないというか、そんな大人にならないというか、なにか強烈な決別を告げる意思を、あの目に感じました。

女である母と、父であることを選んだ男と、自分を一度壊して青年へと向かう少年。

とても締め付けられました。

2本とも、ともて興味深く面白かったです。

恵比寿ガーデンプレイスのツリーなどを撮って満足して帰宅しました。
ポーランド映画祭もいよいよ来週の11/23日まで。会場にきて当日券で座席指定できます。ぜひご覧くださいね


コメント