ポーランドの家庭のおやつ、キシェル〔kisiel〕を作ってみた

ポーランド料理

ポーランド愛伝道師のポラ子です。

先週末(1/13)に参加したイベントで、初めてキシェル(kisiel)というポーランドの食べ物を知りました。

カフェなどにはなく、家庭で食べるおやつらしいです。

これがイベント時に一口食べた(隣の席の方にいただいた)もの。

ゼリーのように固まってませんし、トロっとしてます。

 

ポーランドでは、日本でいうフルーチェのようなミックスも売っているようです。そう思えば、カフェにはなく “家庭で食べるおやつ” というイメージも掴めますね。

ジュースに、水に溶いたそのミックスを入れて温めたら完成らしいです。
中にはカップスープのようにマグカップに粉を入れて、お湯を注ぐだけのものもあるようです。そちらはかなりお手軽ですね。

なかなかいいページにたどりつけないのですがコチラをご覧ください。パッケージなどは参考になるかと思います。他のページはカートがあって買い物できちゃうので避けました。もっと見たい方は「kisiel」で検索して画像を見てみてくださいね。

 

さて、そのイベント時に、2回目に会う(といっても嬉しくてハグするほど)ポーランドのある女性に作り方を聞いたら、とても簡単だったので、翌日に試してみることに。

要は、ジュースを温め、片栗粉を溶かして終わり!!です。

 

私はざっとこんな感じで作りました。

  • オレンジジュース(果汁100%)500ml
  • 片栗粉大さじ3(ジュースの6%を用意するイメージ)で水溶き片栗粉を用意。

ほとんど、あんかけ料理を作らないので、水溶き片栗粉に一抹の不安が。

あんかけのレシピでは片栗粉と同量の水で溶くとあるものが多いですが、倍の水の量にすると失敗しないとの記述を発見。ただし味が薄まりますよねー。

他にも探したら、一度水に溶かし沈殿した片栗粉を「指でオタマにすくい一気に沸騰させた中に入れて素早くかき混ぜる」というものを見つけました。こちらでチャレンジしてみることに。
(※水溶き片栗粉はとろみ具合をみて、入れる量は調整してください。)

 

一度作った時は片栗粉が少しダマになったので、オレンジジュースを沸騰させるという馴染みのない⁈状況のお鍋に沈殿した片栗粉を投入してみました。

片栗粉にも火を通したいので、入れた後、2分くらいヘラで混ぜましょう。

その後にマグカップへ。

 

ポーリッシュポタリーのマグカップで3杯分ありました。

一度作った時は、キシェルが黄色なのに背景まで黄色で撮影してしまい残念だったので、再度作って撮影しました〜。1回目は片栗粉が少しダマになってます。

 

2回目はだいぶ滑らかに出来ましたね〜。皮をむいたオレンジを飾るとお洒落になりそうです。

冷やしてもOKですが、キシェルは温かいうちに食べるそうなので、少し置いてから食べました。出来立てはまありにアツアツなのでねー。

 

よく日本の葛湯に例えられるのですが、まさしくそんな感じ。
オレンジジュースは火をいれると、ほんの少〜し苦みが出るので、お子さん向けには盛りつけてから粉砂糖をふりかけるとか、ジュースを温めている時に、お砂糖を少し入れてもいいかもしれません。

 

冬は寒いのでポラ子はジュースは飲まないのですが、これなら温かいのでビタミンも取れそうです。

 

ジュースに片栗粉とは驚きでしたが、生クリームや粉砂糖でデコって、デザート感を出してもいいですね。あとはジャム用の小粒で安い苺があったら、それでも作ってみたいと思います。その時は生クリームとかでお洒落にデコりたいな〜。

 

画像をインスタにアップしたり、ポーランド人にメッセージしたら、大好きとコメントをもらいました。フルフル加減はこちらでご覧ください!

ジュースなのに葛湯のような食感という、日本では新しいデザートですね。
ポーランドではとっても親しまれている家庭のおやつ、キシェル(kisiel)の紹介でした。

 

コメント